読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹とカカオとpumpkin

主にNEWS事を綴ります。

後悔すると知りながら。

2016年1月9日
加藤さんの処女作を原作とした映画、ピンクとグレーが公開されました。
この日はドラマ、傘をもたない蟻たちは の初回放送日でもありました。同日にシゲさんの作品が映像で表に出て、ラジオで生の声を聴けるのはシゲさんだから掴めたお仕事だなぁと嬉しく思います。

わたしは映画館が嫌いです。
暗くて光刺激の強い空間は、偏頭痛持ちのわたしにとって必ず頭痛と吐き気を引き起こす場所になるからです。もちろん今回も頭痛と吐き気と戦いながら電車に乗り、帰ると同時にベッド直行でした。カサアリもまだ見れていません。
こんな風になると知りながらも、どんな映画なのか早く観たかったんです。

ここからネタバレ含んだ感想を書き残しておきます。




わたしの中で、原作は加藤成亮のフィクションであり、ノンフィクション。映画は裕翔くんのフィクションであり、ノンフィクションだと思っています。
これから映画を観るという方には先に原作を読んだら理解はしやすいかもしれません。小説読まずに観た妹が難しかった〜と言ってたので。シゲさんはどちらが先でも楽しめると仰ってますが、わたしは文字から絵を描いて胸が苦しくなるような感情も味わってほしいなと思います。

そこまで言っといてなんですが、原作と映画では違った印象を受ける別の作品でした。
62分後の衝撃は、映画じゃないと味わえない世界です。今まで現実だと思ってた景色がくるっと表情を変え、カラーだった話がモノクロになりさっきまでの話は本当だったのかすら混乱してわからなくなるようでした。ある程度の予想はしてたのですが、予想の範囲でもやっぱり激変していく様子は面白いです。
原作のりばちゃん像よりずっと菅田くんのりばちゃんは自分中心でクズ(ぴったり合う言葉が思いつかなかった)な感じがしましたが、河鳥大が描いた世界だとしたらそうなるのかもしれないですね…
河鳥大は白木蓮吾の姿を追い苦しみますが、最後のデュポンを投げるシーンで あぁ自らの手で呪縛から解放されたんだ と原作とは違う「決別」であり希望が見えました。
りばちゃんが演じるごっちは凄くスマートで格好良くて、62分後の葛藤を抱えたりばちゃんとの裕翔くんの演じ分けが良いなぁと思いました。本当のごっちは数分しか現れず、りばちゃんから見たごっちが大部分を占めるのでより見ている側が混乱させられて面白い作品なのではないでしょうか。

この映画の舞台は芸能界です。映画の中で時間軸がコロコロと変化することにより一般人から見た芸能界らしさを感じました。一般人のわたしは今を中心とした一つの時間軸ですが、芸能人は撮った映画が1年後公開されて1年前の自分が世に出たり 前にしてた話と今した話が融合されて場面が繋がったりします。芸能界というフレームがより強く表現されている気がして外から見てるのに取り込まれるようでした。


わたし、ピンクとグレーは映像化されるだろうなって原作を読んだ時から思っていて、もし映像化するならごっちとりばちゃんは加藤シゲアキはもちろんジャニーズにしちゃダメだって考えていました。*1
でも、裕翔くんで良かったです。
原作 加藤シゲアキ って出る事で、裕翔くんとシゲさんのどちらかが霞んでしまったら作品が死んでしまう…と不安だったので、どちらも生きていて安心しました。


ここまで雑ですが色々感想を綴ってきました。シゲさんがピングレについて語れば語るほどファンのわたしは原作に愛着を持ってしまって、映画をちゃんと観れなかったんですよ…だからシゲ担失格だ、ってツイートしたんですけどね…
映画が始まってピンクとグレーという文字が現れて徐々に色づくシーンで、思わず涙が出そうになるのを堪えました。そして、エンドロールで名前が2回流れていったとき 再び目の奥がじわっと熱くなりました。カメオ出演のシゲさんも瞬息で見つけてしまったし…

純粋に観るって難しい…

映画の感想というよりはわたしの思いを書きなぐった文章になってしまいましたが、映画を観た一ファンも熱くしてしまう「ピンクとグレー」めっちゃ剥き出しです。

*1: らじらーでシゲさんが(∵)何勝手にキャスティングしてくれてんだ って文句言ってて(すみません)ってなった(笑)