読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹とカカオとpumpkin

主にNEWS事を綴ります。

火花。

又吉さんの書かれた小説、火花を読みました。きっかけはシゲが面白いと言っていたからです!(不純な動機)

ネタバレ注意!

最初ぱっと見 花火 だと思ったんで、花火のエピソードが出てきた時はそういう狙いもあったのかなぁ〜なんて思いました。

すごく面白かったです!最近はシゲの小説か論文(しかも化学とか生物系のやつ)しか読んでない私が言うのも何なんですが、面白くて一日で読み終わっていました。

小説の中に出てくる芸人さんの感情は、又吉さんが芸人だからこそ書けるものだし、あくまで私の想像の範囲でしかないですが解散というネガティブな事をただネガティブに書かない所が作家だなぁ、と。読んだ後、自分もちょっとだけ前に進んだ感覚になりました。

今まで芸人さんの解散のニュースなんてふーん、ぐらいで受け流してたけど、解散にたどり着くまでに沢山の想いがあったんだなぁ…と考えると今後はちょっと想いを馳せてるかもしれません。NEWSも解散がちらついた時期があったので、余計に感情移入したのかも。

あと、ここについて書きたいと付箋した箇所があります。
あくまでも、面白いことを選択する途中に猥褻な現象があっただけなのだから、それを排除する必要を微塵も感じていないのだ。
ここの神野さんの考え方を表した文章が凄くシゲだと思いました。シゲもラジオで性描写は必要な装置だった、と言ってたので。芸人の世界だけでなく、その道のプロって他の人がえーって言うものでもツールとして使うのかな、と考えてました。


ピングレが好きな人には火花もオススメ、的な事をシゲ自身が言っていましたが、本当にオススメです!
ピングレほど重くないですし、最後の漫才は文字で読んでるのにその情景が浮かんで涙が溢れました。(帰ってきたドラえもん の ウソ800が頭に浮かんだのは秘密)