読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹とカカオとpumpkin

主にNEWS事を綴ります。

竹取物語。

今は昔 竹取の翁といふものありけり。

野山にまじりて竹を取りつつ 萬のことに使ひけり。

名をば 讃岐造となむいいける。

その竹の中に もと光る竹なむ一筋ありける。

あやしがりてよりてみるに 筒の中光たり。

それを見れば 三寸ばかりなる人 いとうつくしうて居たり。

 

中学の教科書にも載っている有名なお話ですよね。ちなみにまだ続きはありますが、私が暗唱できるのはここまでです。(暗唱テストのために何度も唱えていて、今も体に染みついてるw)

まあいわゆるかぐや姫のお話で、NEWSの来年1月に発売される新曲「KAGUYA」のモチーフです。

 

昨日のシゲ部での話では、古語が含まれてたり、振り付けには番傘を使っていたり、琴の音があるけど、サイバーでスペイシーになってるそうです。

…サイバーでスペイシーっていうのがピンと来ない(笑)

 

私的にはみんなそれぞれ違う小道具使ってくるのかなって予想してたので、披露される前から的外れって確認できました(笑)

増田さん扇で、シゲ番傘で、小山さん弓で、てごにゃん毬みたいな。んで、てごにゃん一人で蹴鞠、小山さんが増田さんの扇を狙う、みたいな。それじゃ那須与一の歌になるけどね。あと、かぐや姫は僕を置いて月へ帰ってしまうのか、みたいな失恋ソングかと思ってたけど、そうでもなさそう。今までのワンナイトラブな実績から考えても、ただ月に帰るのをお見送りする歌なわけがないよね!!

何やかんや想像できるって楽しいね!!そろそろ卒業研究に戻るね!!←

 

かぐや姫って求婚されて「これ持ってきたらいいよ」って5人にお題出すじゃないですか。あの中の火鼠の皮衣って石綿、つまりアスベストなんだよー、って循環器疾患の講義をしてたおじいちゃんが言ってました。

…それだけ。

 追記KAGUYA耳コピ