読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹とカカオとpumpkin

主にNEWS事を綴ります。

さすが。

次の電車がくるまで時間があるので、染色(野生時代)の感想を書いてみた件。

 
まず…

本屋さんになかなか置いてない!

私が住んでるところが田舎なのは承知でしたし、放送されないテレビ・ラジオがあるのはまぁ仕方ない と納得してきたけど…
小説でさえ地方格差あるのかよ!
と、一人で結構な数の本屋さん巡りしました。
間違って先月号買いそうになりながらも、GETしました。
(此処までで大分疲れて、読む気をなくしかけてたのは内緒)
 
初の読み切りということで。読みやすかったです!
「過激な性描写」とか宣伝されてたから
(私、性描写のある本読んだことないけど大丈夫かな…)って思ってたんですけど、そこまで過激じゃないです。まぁ宣伝文句だからねw
シゲの小説は色が映える作品だから、美大生っていい題材だなーっと思いました。
 
やっぱり謎のある神秘的な女性って書きやすいのかな。
 

 

 

 

小説 野性時代 第131号 (新野性時代)

小説 野性時代 第131号 (新野性時代)